手織ひょんのき工房
▲HOMEへ戻る▲

染織教室

作品集

部屋

アクセス

 2018'  NEW! 
エストニア紀行はこちら

 2017'
ヤノフ体験記はこちら


ひょんのき工房 東京都練馬区北町 有楽町線 副都心線 平和台駅
@

体験記

スローアート藤田泉さんコーディネートの
ヤノフ村の織物ツアーに参加

7/1
  • 夕方メンバー合流

ツアー2日前にワルシャワに入り、2日間たっぷり散策。
 

ピエロギ
 


7/2
  • アンティークマーケット
  • ロジェンキ公園
  • 民族資料館
  • ショパンコンサート

針の看板。仕立屋かな?

ヤノフ織に初対面。期待膨らむ。
 


7/3
  • ジャガード織工房見学
  • 〈列車で〉ワルシャワ → ビアウエストク →
    〈タクシーで20km〉コリチン → ホテルビエシアダ着




7/4  (ヤノフ織ワークショップ1日目)
  • ルチナ(先生)工房
 

今日はここまで。




7/5  (ワークショップ2日目)
  • ヤノフ文化会館見学
  • ルチナさん工房

作品が沢山展示。
     


   

機も伸子も手作り。

1時間も織るとランチよ〜お茶休憩〜散歩してきなさい〜
織り方がまだ分からないままなのにね・・・。



7/6  (ワークショップ休み)
  • ベルナルダさん宅にてポーランド料理教室
  • チーズが出来るまで広い畑で苺摘み
  • ルドガルダさん工房・アリチアさん工房 訪問
 
   

じゃがいもペーストの肉饅頭
ポーランド名は?
             フレッシュチーズ              ジュレック
   





7/7・8  (ワークショップ3・4日目)
  • ルチナさん工房
  • 夜、ベルナルダさん宅ソーセージバーベキューご招待

 
                                 ママがいろいろ見せてくれる。歌声もステキ!
  1段すくってタク(イエス)、気を良くしたら2段目はニエ(ノー)、
またほどき、の繰り返しでちっとも進まず
理解できたと思ったけど今日もぬか喜び。
 
いつまでも明るく、遅くまで織りを忘れて楽しかったバーベキュー。



7/9  (ワークショップ5日目)
  • ヤノフ教会日曜ミサ
  • ヤノフフェスティバル
  • ルチナさん工房

 
左から、テレサさん、
泉さん、アリチアさん、
ルドガルダさん。
出店の前にて。
お昼はルチナさん&ママの手料理おもてなし。
   
やっと縦線と緯線のピックアップが分かってきた・・・
でも間違えてしまう。

もうすぐ完成。



7/10  (ワークショップ休み)
  • 織り手最年長・工芸家教会会長のテルサさん宅訪問
  • 羊農家・鍛冶屋・漬物屋・陶器職人訪問

 

        



7/11  (ワークショップ6日目・最終日)
  • 早朝茸狩り
  • ダヌータさん宅訪問
  • ルチナさん工房

ポルチーニ茸は見つけられず
少々のアンズ茸と野いちご摘みをして朝食でいただく。


   現代的な模様も

最終日は何かが起きる?!
炎天下、昨日羊農家で頂いてきた沢山の毛を
溜めてある雨水を使ってすすぎ始めたら、ルチナさんのママが割り込み
少量のウール用洗剤を入れ、力強く洗い
ジャブジャブすすぎこれでいいのよと。
残ったゴミは?と聞くと
「紡いでいる時、織ってる時、、段々とれるよ」だって。
気になっている二作目小作品を仕上げなくてはと機に戻り、
格闘していると天候急変。豪雨・雷・突然停電。
外から入ってきたママがどきなさいと機に座り、
残り5センチを、私の携帯ライトを頼りに猛スピードで織ってしまった。
仕上がるかを心配してくれたらしい。
電気も回復し・・・
ママの織りはすごかった。衰えてなどいない。
引退はもったいないと、 神業を見て感動。

参加メンバー森田さんによる、お茶会(抹茶)のおもてなし。


雨も上がって記念撮影。




7/12
  • ビヤウエストク → ワルシャワ → クラクフ

列車の時間までルチナさんの作品展示を観る事ができた。
ヤノフ織を体験・少し理解が出来た上で観た作品の数々は
素晴らしいものでした。
     

さようならヤノフ村。




7/13・14  (帰国)
  • クラクフ観光

最後の1日は織りから離れて、
ヴィエリチカ岩塩坑・市場・中央広場等を見学。
でも・でも・・ヤノフの農村風景が浮かび、都会もいいけど・・・
と考えて足が止まる。
明日早朝出発もあり、早めにホテルへ。
90%織物体験の旅でした。
スローアート藤田泉さんお世話になりました!



寿美恵のヤノフ村織考!

出発前は、二重織りのヤノフ織りは糸も太くかわいい感じの絵織りと
思っていた。
高機で縞や簡単な図のピックアップは織れるので
ランダムに木・家・動物・人等をどうピックアップするのかなと、
旅に行ける口実に体験してみましょうかと軽く考えて
決めた参加でしたが、やってみると仕組みは簡単で
理解できるのに、想像以上に難しかった。
先の先までピックアップを想定して一段ずつ細かい模様を
下絵もなく縦糸を数えて決めてピックアップしていく。
「昨日織って納得しなかったのでまた夜機に座ってやり直したのよ」と
話してくれたベルナルダさん。
「大きな作品に沢山の絵柄を隙間なく織り込んだものは2週間かけた」と
笑顔のルドガルダさん。
ヤノフ織は縦の糸をスティックですくっていくので、その後
緯糸を入れて模様が織り面に現れた時、そのつど達成感がある。
きっと次々と先に進めるのが楽しいに違いな
いと、目にする景色が模様と重なり、農家の主婦達が
冬に春を待ちながら縁あふれる大地の木々・花・鳥・
家畜・人々を織り込む気持ちがヤノフ村滞在中に段々わかってきた。
各家に招かれると窓・壁・棚・テーブルがかわいく飾られて、
生活の豊かさを感じた。


優しかったポーランドの人々。
機も道具も上等ではなかったけれど大切なことを教わりました。
帰国して自分の機で織ってみて、
集中してしまい、疲れる織りだと再確認。
次々と織り進めたくなってしまう。
取り憑かれそうだ。